「ろあん松田」で食事したあと、お花見に篠山城跡

IMG_6356.jpg

篠山城は1609年(慶長14年)徳川家康は、松平康重を常陸国笠間城から
丹波国八上城に移しさらに新城の築城を命じた。
これは、山陰道の要衝である丹波篠山盆地に城を築くことによって、
大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとするのが目的であったとされる。
篠山盆地中心部の丘陵である笹山を築城地と定め、藤堂高虎が縄張を担当した。
普請総奉行を池田輝政が務め、15か国20の大名の助役による天下普請により6か月で完成した。
(wikipediaより)

IMG_6380.jpg

2000年(平成12年)4月には二の丸大書院(おおしょいん)が復元されています
本丸と二の丸跡の周りには桜が満開でした

IMG_6362_20170415130826987.jpg

IMG_6366_20170415130827d88.jpg

1871(明治4)年に篠山城は廃城となりますが、
藩主・青山家の旧恩を追慕する人々が青山家の御霊を祀る神社の創建を熱望。
青山忠俊公を御祭神として1882(明治15)年5月に創建されたのが青山神社です

IMG_6368_20170415130829493.jpg

二の丸庭園から埋門を通って南堀へ
こちらの桜も満開でした

IMG_6370_2017041517030075a.jpg

IMG_6371_20170415170301e9e.jpg

IMG_6373_2017041517030239f.jpg

IMG_6375_20170415170304de1.jpg

IMG_6376_20170415170305977.jpg

IMG_6377_20170415171024145.jpg

お天気に恵まれ、満開の桜をゆっくり鑑賞することができ
最高のお花見となりました
お花見 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示