スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
音羽山清水寺を拝観して、参道である清水坂から

IMG_3117.jpg

北へ石段で降りる産寧坂を散策
「産寧坂」の語源には諸説あり、清水寺にある子安観音へ
「お産が寧か(やすらか)でありますように」と祈願するために登る坂であることから
「産寧坂」と呼ばれるようになったという説が有力だが、
清水寺に参拝した人がこの坂道を通る際に念願を強くし、
願いが叶ったあとで観音様への御礼に再度お参りする時に通る坂であることから
「再念坂」と呼ぶようになったという説もあります

大きな枝垂れ桜はもう散り始めていました

IMG_3121_20160405111320b91.jpg

二年坂の名前の由来は大同2年(807年)に
坂が整備された時よりこの名前が付けられたという説。
産寧坂の下なので二寧坂で呼ぶようになったという説などがあります

IMG_3122_201604051113227b5.jpg

二年坂の中程には「竹久夢二・寓居の跡」があり
大正時代の挿絵画家、詩人の竹久夢二が日本橋の紙問屋の一人娘「彦乃」と運命の出会い
恋に落ちましたが父親の反対により京都に逃れた先がここだったそうです

IMG_3124_20160405111323abc.jpg

歩き疲れたので、ねねの小径にある夢珈琲

IMG_3125.jpg

和装の素敵な女性が経営されていました
桜のクッキーも塩味が効いて美味しかったです

IMG_3126_20160405111327208.jpg

珈琲ブレイクのあと、高台寺公園の桜を観賞

IMG_3132.jpg

1928年(昭和3年)に建築された3階建ての建物の祇園閣
大倉財閥の設立者である大倉喜八郎が別邸とし建てた別邸「真葛荘」の一部で
屋根は銅板葺きで、金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったそうです

祇園祭の鉾を模したもので、設計は伊東忠太
1997年(平成9年)12月12日、国の登録有形文化財に登録されました

IMG_3129.jpg

そして八坂神社横にある桜の観光スポット・円山公園

ここには大好きな祇園枝垂桜があります

IMG_3128.jpg

東山魁夷「花あかり」描いたことで有名です
三十年前に初めて見た時は、命が吸い取られるかと思うほど妖艶でした
老木となり年々色褪せる中、桜守により管理されて少しずつ息を吹き返しているそうです

IMG_3127.jpg

大好きな祇園枝垂桜を今年も愛でることができて
本当に幸せな一時でした
おとなの遠足 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。