スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
旅行人山荘朝食をいただいて、朝に入れ替わった大浴場「錦江の湯」に入りました

2012-07-24 07.00.16

ぼちぼち準備して、10時に旅館を出発
龍馬も訪れたという霧島神社

168 - コピー

霧島神宮は、天孫降臨 迩迩芸命(ニニギノミコト)を祀るお社です

創建が6世紀という古い歴史を誇る神社です
高千穂峰山頂にありましたが、噴火によりたびたび火災にあい、
次にその西の中腹、そして高千穂河原へ移り、1484年に今の場所へ移って来ました
現在の霧島神宮の社殿は1715年に島津藩主の島津吉貴が建立したものです

181 - コピー

霧島神宮の社殿はいずれも朱塗りの華麗なもので、特に本殿は内部も豪華に装飾され、
柱、梁、長押などはすべて朱漆塗りとした上に要所を彩色文様や鍍金の飾り金具で装飾されています

182 - コピー

壁には極彩色の浮き彫りを施した羽目板を配されています
神社建築において外部だけでなく内部までこのように装飾をこらしたものは非常に珍しく、
「西の日光」との別名もあるそうです

183 - コピー

次に黒酢本舗「桷志田」
こちらで昼食をとる予定でしたが、旅館の朝食食べ過ぎて
お腹が空かないので、買い物だけしてお店をあとにしました

204 - コピー

このあと、国道220号を走って桜島へ

213 - コピー

桜島ビジターセンタで、桜島火山ガイドウォークに参加しました
桜島は今年に入ってすでに800回近く噴火しています
車も駐車していると、あっという間に火山灰が積もっていました

214 - コピー

桜島ビジターセンターで、詳しい解説を聞いたあと
溶岩なぎさ遊歩道の散策へ
この遊歩道は1914年の大正噴火で出来た溶岩原です
渚には絶滅危惧種となったハクセンシオマネキを見ることができます

223 - コピー

このあと、長渕剛のオールナイトコンサートが行なわれた
会場にある叫びの肖像をみて

238 - コピー

つづいて南岳の麓、有村地区の大正溶岩原に作られた有村溶岩展望所

241 - コピー

桜島をあとにして、再び霧島へ
旅館近くにある、塩浸温泉龍馬公園に立ち寄りました

255 - コピー

ここは寺田屋事件で九死に一生を得た龍馬が、西郷隆盛の薦めで
お龍とともに日本人初めての新婚旅行に訪れた温泉

256 - コピー

龍馬を心配そうに見つめる、お龍さんの表情が印象的でした

257 - コピー

旅館に戻って、お楽しみの夕食~

274 - コピー

前菜六種盛り

276 - コピー

鱧の酢の物と焼き茄子と茗荷の和え物

277 - コピー

黒豚と野菜の煮物。お肉がトロトロでした

278 - コピー

お刺身三種盛り。添えられたオクラの花も食べられます

279 - コピー


焼き物は海鮮の大隅焼き(白味噌仕立て)

282 - コピー

後付
御飯はお茶で炊き込んだもの
蛤のお吸い物に、うどん、香の物

283 - コピー

こちらは娘のお子様ランチ

280 - コピー

食事をしていた時に、桜島が一年五ヶ月ぶりに大爆発してビックリしました

281 - コピー

この日の夕食も大変美味しくいただきました
ご馳走様でした

夕食のあとは、お楽しみの貸切露天風呂へ
今夜は「もみじの湯」で道中には、孵化したばかりのセミがいました

2012-07-24 20.55.05

もみじの湯の建物

2012-07-24 20.59.17

少し暗いですが、湯船です

2012-07-24 20.59.46

秋には紅葉して美しい風景が眺められそうです

2012-07-24 21.01.01

お湯は優しい単純泉。綺麗な月を眺めながら一日の疲れを癒しました
こちらは小西真奈美さんも楽しまれたようですね

2012-07-24 21.30.14
旅行 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。