スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
京都 世界遺産登録20周年記念して、400 年以上の歴史を持つ二条城の
一般非公開の二の丸御殿中庭で開催されている
アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~に行ってきました

二条城に17:30に到着しましたが、入場までに30分かかりました

IMG_4410.jpg

IMG_4409.jpg

入場すると「水中四季絵巻」の展示がありました
横8m×2mの水槽にプロジェクションマッピングで投影された
日本の四季の景色を背景に錦鯉が泳ぐ姿がとても美しかったです

IMG_4413.jpg

010.jpg

009.jpg

IMG_4411.jpg

IMG_4412.jpg

IMG_4414.jpg

IMG_4415.jpg

007.jpg

008.jpg

011.jpg

重要文化財の二条城・二ノ丸御殿の台所に
「古都紅葉ふぶき」の展示
硝子細工「江戸切子」により1000枚の落ち葉を制作し
プロジェクションマッピングによる最新の演出技術を駆使し
燃える様に紅葉した木が風に吹かれ、吹雪のように舞い散る様を表現

IMG_4417.jpg

IMG_4416.jpg

IMG_4417.jpg

豪華そうな着物も展示されていました

IMG_4418.jpg

IMG_4419.jpg

「アンドリウム 行燈水槽」
中に泳ぐ金魚と側面にレースで施されたグラフィックとが
常に変化し続ける複雑な影を織り成し、金魚の新たな魅力を引き出します
行燈という日本の伝統的な照明をモチーフにした
アクアリウムによるライティングという考え方の集大成といえる作品です

IMG_4420.jpg

IMG_4421.jpg

「金魚品評」
水面が波立たない円形の水盤を優雅に泳ぐ、金魚を上から楽しむ作品群
金魚の品評をするのにも適したデザインです

014.jpg

015.jpg

「アースアクアリウム・ジャポニズム」
地球をイメージした直径1.5メートルの球体の中を錦鯉が泳ぎまわります
巨大な球体の水槽の周りには金魚の入った球形の水槽が浮かび上がります

028.jpg

016.jpg

IMG_4423.jpg

IMG_4422.jpg

「新江戸金魚飾」
江戸時代に楽しまれた横から眺める木枠の水槽を
プリズム効果をもたらす透明な多面体の水槽として現在に蘇らせた作品

IMG_4428.jpg

IMG_4429.jpg

「パラドックスリウム」
垂直に見る面が一切ない特殊な構造をした作品
そもそも水槽というものは直面のガラス越しに
水中世界を覗くものであるが、それが無い
遠目から見ていた時と近くに来て見る時の意図に反した結果に驚きがあります

019.jpg
 
「プリズリウム No.18」三稜鏡水槽
透明な多面体でプリズム効果をもたらすアクアリウムは
巨大な18面体と12面体の2種類を展示
光のマジックにより、中に泳ぐ金魚の群れが
大小、 大きさを変えながらときには歪んで見えたりと
ユニークな鑑賞が楽しめます

IMG_4431.jpg

「プリズリウム No.12」

IMG_4449.jpg

「リフレクトリウム」
凹レンズ、凸レンズ、二重レンズなど、 様々な見え方のレンズをアクアリウムに施した作品

IMG_4450.jpg

一番人気の「花魁」巨大金魚鉢
約1,000匹の金魚が泳ぐ、おそらく世界で1番 大きな金魚鉢の作品は
高さ2.4m・最大直径2m にもなり、江戸の遊郭を表現しています

024.jpg

020.jpg

乱舞する金魚は、花魁(おいらん)とそれを目指す女たちを
金魚鉢はその中でしか生きることのできない世界を意味しています

IMG_4434.jpg

IMG_4435.jpg

IMG_4432.jpg

金魚鉢が七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています

IMG_4433.jpg

「ボンボリウム」雪洞
アクアリウムを照明に見立てたシリーズ
江戸時代から現代に至るまで親しまれている雪洞をイメージした作品

022.jpg

IMG_4446.jpg

023.jpg

IMG_4447.jpg

「キモノリウム」着物水槽
水槽に京都の伝統工芸品「京友禅」の最高峰の着物を埋め込んだ
その上に3Dプロジェクションマッピングで着物の柄を投影し
移り変わる柄の上を金魚が艶やかに泳ぐ仕掛け

033.jpg

032.jpg

030.jpg

035.jpg

036.jpg

038.jpg

二条城・台所前庭に「夜祭BAR」がオープンされていました
同行した友人は京都・伏見の英勲 純米大吟醸原酒 美の小窓『金魚玉図』

IMG_4460.jpg

IMG_4458.jpg

私は京菓子司「老松(おいまつ)」の生菓子
御菓子司「亀末廣(かめすえひろ)」の干菓子
老舗茶舗「福寿園(ふくじゅえん)」の抹茶をいただきました

IMG_4461.jpg

会期は12月14日まで開催時間は17時~22時(最終入場21時30分)
入場券は事前にセブンイレブンで購入されることをオススメします
ご興味ある方は是非足を運んでみて下さい
スポンサーサイト
京都 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
維新庵で食事したあと、珈琲が飲みたくてウロウロ
三条大橋まで歩くとStarbucks Coffeeを発見

IMG_2907.jpg

鴨川を見ながらスタパの珈琲を飲めるなんて幸せ
鴨川納涼床は6月~8月16:00~22:00の営業になってます

IMG_2909.jpg

このあと歩いて祇園まで

IMG_2914.jpg

花見小路から祇園新地の歌舞練場へ
お祭りの日はひっそりしてます

IMG_2917.jpg

京都タカシマヤでお土産を購入
祇園祭に縁ある品物が展示されていました

IMG_2920.jpg

IMG_2921.jpg

還幸祭で御旅所から八坂神社までを巡行する
中御座・東御座・西御座

IMG_2922.jpg

このあと京都地下鉄・四条駅から京都駅まで行き
JRで帰宅しました
最後まで京都の風情を満喫できた一日でした
ご馳走様でした
京都 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

維新庵

2014/07/24 Thu 11:00

今年の祇園祭はおよそ50年ぶりに「前祭・後祭」が復活する
ということで後祭の山鉾巡行に行ってきました

IMG_2841.jpg

後祭りの山鉾が辻回しが行われる京都市役所近くの
河原町通り交差点から観賞することにしました

IMG_2845.jpg

IMG_2858.jpg

IMG_2842.jpg

もともと祇園祭では、神事の中心となる
7月17日の神幸祭(しんこうさい)と
7月24日の還幸祭(かんこうさい)にあわせて
2回の山鉾巡行が行われていました

17日の山鉾巡行を前祭(さきまつり)といい
24日の山鉾巡行を後祭(あとまつり)といいました。

それが、1966(昭和41)年を最後に
翌1967(昭和42)年より、7月17日の1回に統合されます。
山鉾巡行は交通規制などの交通事情やかかる費用に加え、
観光客の方々から山鉾を一度に見たいという希望があった事が
統合された理由です。

以来、2013(平成25)年までの48年間
山鉾巡行は、7月17日の1回だけ行われてきました。

長年行われていなかった後祭ですが
なぜ今年の復活となったのでしょう?
その理由の一つとして150年振りの復活する
「大船鉾(おおふねほこ)」の存在です。

大船鉾は、多くの山鉾に被害をもたらした
禁門(蛤御門)の変の大火で
焼失した山鉾の1つです。

IMG_2859.jpg

巡行の最後に大船鉾が登場すると沿道から大きな拍手が上がりました

IMG_2860.jpg

11:00過ぎに大船鉾が通りすぎた後、急いでこちらのお店に
維新庵

IMG_2867.jpg

こちらは料理旅館幾松の別館になります

IMG_2896.jpg

森鴎外の「高瀬舟」で有名な高瀬川(一之船入跡の近く)に沿った木屋町筋にあります

IMG_2899.jpg

IMG_2901.jpg

「幾松」は、幕末の頃倒幕運動に大きな役割を果たした維新の三傑の一人である
桂小五郎(のち木戸孝允)と三本木の芸妓幾松(のちの松子夫人)の木屋町寓居跡です。
木戸孝允が没した翌日、松子夫人は剃髪染衣し翠香院と号し、
お二人の想い出に溢れた当屋敷で余生をお過ごしになりました。
国土の歴史的景観に寄与しているものとして、
二棟が国の登録有形文化財(建造物)に登録されています。

IMG_2893.jpg

別館の維新庵は予約は受付ていないので
開店と同時に入店し、席を確保することができました

IMG_2874.jpg

お品書きはこちら

IMG_2872.jpg

長州を注文しました
暑い中で山鉾巡行を観賞したので喉を潤すためにノンアルビールも

IMG_2875.jpg

グラスの模様は大文字焼きです

IMG_2878.jpg

まずは食前酒の梅酒

IMG_2877.jpg

続いて三段のお弁当

IMG_2879.jpg

IMG_2880.jpg

一段目はお刺身
とても新鮮で鯛もぷりぷりでした

IMG_2881.jpg

二段目は出汁巻、蒲鉾、ブロッコリー、琵琶鱒の焼物、鰯甘露煮
八幡巻に生麩、鶏肉とクラゲの梅肉和え

IMG_2882.jpg

三段目は厚揚げ、人参、舞茸、南瓜、サヤエンドウの炊き合せ

IMG_2883.jpg

油物は獅子唐、茄子、茗荷、椎茸、南瓜の野菜の天麩羅
揚げたて熱々で運ばれてきました

IMG_2885.jpg

ご飯と赤だし・香の物
京都のお漬物は本当に美味しいです

IMG_2887.jpg

最後の水物はスイカ
甘くてとても上品な味でした

IMG_2891.jpg

京都の伝統的なお祭りと食事を堪能して
とても楽しい一日でした
ご馳走様でした

京都 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

大登龍

2011/05/15 Sun 12:45

今日は京都三大祭のひとつ、葵祭を見に行ってきました
行列が下鴨神社に到着した後、近くにある大登龍で昼食をとりました

IMG_8102.jpg

お腹もペコペコだったのでどんどん注文
旦那様は焼そば
塩味の焼そばで、イカやエビが入っていて、これがなかなか美味しかったです~

IMG_8096.jpg

こちらは旦那様大好物の唐揚げ

IMG_8101.jpg

が注文したチャーハンと餃子
タレも大人用と子供用に分けて下いました

IMG_8098.jpg

IMG_8097.jpg

が注文した中華丼

IMG_8099.jpg

具材は大きめでしたが、野菜もシャッキリして美味しい~
老舗の中華料理屋さんの懐かしい味でした

IMG_8100.jpg

欲をいえば、お酢をかけて食べてみたかったなぁ~
とても美味しかったですごちそうさまでした

葵祭の様子は追記をクリックして下さい
>>続きを読む・・・
京都 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

七條甘春堂 京の季

2011/03/07 Mon 20:00

雛祭りの日に実家の母と会った時、娘にいただいたお菓子
七條甘春堂の京ふやき「京の季」お雛祭り限定商品のようです

IMG_1490.jpg

蓋を開けると、こんな可愛いお菓子がでてきました

IMG_1491.jpg

ふやきといっても麩ではなく、お米と水で作った素朴な味
利休がお茶菓子に使っていたそうですよ
絵はお砂糖で描かれているので、ほんのり甘いです

IMG_1530.jpg

お煎餅はサクサクで、軽い歯ざわりです
季節によって絵柄も変わるので、是非お店に行ってみたいです
ごちそうさまでした

       IMG_1476.jpg
                                (明石公園の桃の花です)
京都 | コメント:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。