宇治市源氏物語ミュージアムから宇治上神社

IMG_2317.jpg

本殿は国宝で平安時代後期の造営で神社建築としては現存最古とされます

IMG_2312.jpg

本殿前に建てられている拝殿は鎌倉時代前期の造営で、寝殿造の遺構といわれます

IMG_2313.jpg

桐原水の建屋

IMG_2310.jpg

このあと宇治川沿いにある宇治茶道場「匠の館(たくみのやかた)」

IMG_2322.jpg

IMG_2321.jpg

IMG_2318.jpg

日本茶インストラクターの資格を持ったスタッフに
お茶のおいしい淹れ方を丁寧に説明してもらいながら
自分でお茶を淹れて飲むことの出来る体験型の喫茶室です

IMG_2319.jpg

IMG_2320.jpg

お抹茶とお菓子で600円とリーズナブルです
インストラクターは英語も話せますので、外国の方も利用されていました
お花見 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
京阪・八幡市駅から宇治駅へ

IMG_2294.jpg

IMG_2293.jpg

お昼ご飯は駅からすぐの蕎麦店「しゅばく」

IMG_2295.jpg

IMG_2296.jpg

「京鴨の鴨汁蕎麦」が食べたかったのですが終了していました

IMG_2297.jpg

私は辛味大根おろし蕎麦【1050円】を注文
とても美味しい十割そばでした

IMG_2299_20180415131719aa5.jpg

ここから歩いてすぐの宇治市源氏物語ミュージアム

IMG_2300_2018041513172101b.jpg

「王朝の間」では源氏物語の前半部分、舞台となる平安京と主人公である光源氏をテーマにしています

IMG_2301_20180415131722fec.jpg

IMG_2302_20180415131724a51.jpg

ハイビジョンによるあらすじの紹介や、象徴である六条院の模型の展示

IMG_2305.jpg

そして当時の華やかな牛車や十二単などの文化

IMG_2303_20180415133652a9d.jpg

貴族の遊びである貝合わせや囲碁や双六等を通じ当時の文化も伝えています

IMG_2304_2018041513365342e.jpg

平安京から宇治への道中を体感する事ができる架け橋

IMG_2306.jpg

「宇治の間」宇治十帖の世界を体感できる展示になっています

IMG_2307.jpg

IMG_2308.jpg

映像展示室では「橋姫 女人たちの心の丈」と「浮舟」の映像が見られます
今回は「橋姫 女人たちの心の丈」を鑑賞しました
もう一回「あさきゆめみし」を読んでみようと思いました
お花見 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
可愛いツイ友ちゃんと、恒例のお花見をしようと計画
朝8時に出発新名神に乗ってスムーズに大山崎ICへ
事前に予約していた京阪・橋本駅近くの駐車場に到着

IMG_2265.jpg

ここから電車で隣駅の八幡市駅へ
男山ケーブルに乗換えて石清水八幡宮

IMG_2266.jpg


石清水八幡宮は、二十二社(上七社)の一社で伊勢神宮とともに二所宗廟の一社
宇佐神宮・筥崎宮または鶴岡八幡宮とともに日本三大八幡宮の一社であり
、また宮中の四方拝で遥拝される一社
本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されている(2016年2月9日指定)
本殿は現存する八幡造の中で最古かつ最大規模を誇る(Wikipediaより)

IMG_2268_201804120923278f3.jpg

男山ケーブル山上駅から境内横を歩いていくと
エジソン記念碑があります

IMG_2269.jpg

トーマス・エジソンは白熱電球の改良に際し当社境内の竹を使用したため
境内には記念碑があり、2月11日にはエジソン生誕祭も行われるそうです

麓から徒歩で参拝する表参道にある三ノ鳥居

IMG_2271.jpg

鳥居の前の「一つ石」
かつては馳馬や競馬の出発地点で、「勝負石」とも呼ばれています

IMG_2270_20180412100352dfb.jpg

南総門

IMG_2272.jpg

石清水八幡宮本殿

IMG_2286.jpg

IMG_2274.jpg

IMG_2273.jpg

おがたまの木

IMG_2277.jpg

IMG_2276.jpg

水若宮社(重要文化財)

IMG_2278.jpg

若宮社 (祭神:仁徳天皇) 社殿は重要文化財

IMG_2280.jpg

北総門(重要文化財)

IMG_2281.jpg

西総門(重要文化財)

IMG_2282.jpg

神楽殿のクスノキは楠木正成が建武元年(1334年)に植えたと伝わります

IMG_2284.jpg

IMG_2285.jpg

参道を通って展望台へ向かいます

IMG_2287.jpg

展望台から背割堤(せわりてい)が見えます
桜はすでに散っていました

IMG_2288.jpg

京都市内方向

IMG_2289.jpg

谷崎潤一郎文学碑

IMG_2290.jpg

碑文には、蘆刈抄の一文が刻まれています
「わたしの乗った船が洲へ漕ぎ寄せたとき
男山はあたかもその絵にあるやうにまんまるな月を背中にして
全山の木々の繁みがびろうどのやうな津やをふくみ、
まだどこやら夕ばえの色が残ってる中空に暗く濃く黒ずみわたってゐた」

IMG_2292.jpg

IMG_2291.jpg

来年の春には背割堤の桜をぜひ見てみたいです
お花見 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2018年のお花見 ①

2018/03/29 Thu 11:00

去年は遅かった桜の開花
今年は3月22日開花して一週間で満開になりました

3月19日から始まった太陽の塔内部公開ツアー
一般予約受付開始の1月19日、友達に教えてもらって早速予約
その予約日の29日に桜満開の万博公園に行ってきました

IMG_2072.jpg

IMG_2073.jpg

12時過ぎに駐車場に到着
入場制限がかかっていて、入るのに時間がかかりました

IMG_2065_2018040206151999f.jpg

満開の桜を眺めながらお弁当を食べました

IMG_2064.jpg

IMG_2068_20180402175009acc.jpg

予約時間の20分前に、太陽の塔に集合

IMG_2067.jpg

IMG_2069.jpg

館内は写真撮影禁止でしたので公式サイトからの画像
入り口には「地底の太陽」が展示されています
「地底の太陽」は、高さ約3メートル、全長約11メートルにもなる巨大な展示物であったとされていましたが
博覧会終了後の撤去作業から50年近く経った現在も行方がわからない状態となっていました
今回48年ぶりに再建されました

appearance-4.jpg

太陽の塔の内部の展示空間には、鉄鋼製で造られた高さ約41メートルの「生命の樹」があり
樹の幹や枝には大小さまざまな292体の生物模型群が取り付けられ
アメーバーなどの原生生物からハ虫類、恐竜
そして人類に至るまでの生命の進化の過程をあらわしています

project-1.jpg

IMG_2081_20180402175412c35.jpg

IMG_2084_201804021754135ca.jpg

IMG_2085_20180402175415a47.jpg

塔の耐震工事も行われて、これからたくさんの観光客を迎えられると思います

帰りに万博公園の東大路の桜並木を眺めて、エキスポシティ

IMG_2094_2018040218125031c.jpg

ガンダムの模型がありました

IMG_2074.jpg

日本最大級の観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL」

IMG_2095.jpg

観覧車から太陽の塔とモノレールが見えます

IMG_2075_20180402181254ec6.jpg

IMG_2076_201804021812567e6.jpg

IMG_2077_201804021822143b5.jpg

IMG_2078_20180402182216e50.jpg

高さ123メートルからの眺め

IMG_2079_20180402182217e84.jpg

桜満開の万博公園は素晴らしい景色でした
今年も最高のお花見ができて良い思い出ができました
お花見 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
3月18日に開通した新名神高速道路 川西インターチェンジ~神戸ジャンクション間に誕生した
西日本最大級のサービスエリア宝塚北SA

IMG_1989.jpg

IMG_1990.jpg

こちらのフードコートにできた どうとんぼり神座

IMG_1996.jpg

IMG_1995_20180326063453968.jpg

お店の前にある販売機で食券を購入

IMG_1994_2018032606345297b.jpg

神戸ポークを使用した揚げワンタン麺がオープン記念価格(1050円→850円)4月17日まで

IMG_1991.jpg

揚げワンタンは餡がたっぷり詰まっていて、ボリューム満点
とっても美味しかったです

IMG_1992_20180326064152ee8.jpg

宝塚出身の手塚治虫さんの作品「リボンの騎士」の主人公サファイアのフィギアも展示されていました

IMG_1993_20180326064153df3.jpg

開通してむすぐだったので、たくさんの観光客で賑わっていました
ご馳走様でした
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »